CCWO

挫けそうになるブログ

エフェクター TS-9 完成 写真

写真をぱらぱらととったので記念にはっておきます。たくさんの人の協力をしてもらいながらようやっとここまで来ることができました。本当に感謝です。

・ケース正面
f:id:CCWO:20171117115429j:plain
・ケース側面(左)
f:id:CCWO:20171117115459j:plain
・ケース側面(右)
f:id:CCWO:20171117115525j:plain
・ケース背面
f:id:CCWO:20171117115548j:plain
・ケース裏面
f:id:CCWO:20171117115551j:plain
・ケース正面(ランプ付き)
f:id:CCWO:20171117115558j:plain
・ケース正面(電池あり)
f:id:CCWO:20171117115608j:plain
・ケース背面(電池あり)
f:id:CCWO:20171117115609j:plain

こういう感じになりました!次は録音をしたいと思いまっす。

Fusion 360 9V電池 固定具 改 出力編

部活の後輩にお願いをして以前モデリングした9V電池の固定具を3Dプリンターで出力してもらいました。3Dプリンターの設定はデフォルトのままでいけたみたいです。

f:id:CCWO:20171117114837j:plain
f:id:CCWO:20171117114840j:plain
ピンク色は後輩の趣味かな?(笑)3Dプリンターを使うのは初めてなのですが、なかなか思った通りに出来上がって自分でもびっくりしています。Fusion 360さまさまです。
f:id:CCWO:20171117115005j:plain
f:id:CCWO:20171117115008j:plain
組み込み後はこんな感じになりました。やはり少し大きくしたのが正解でした。今の状態でバッテリースナップ込みでかなりぴったりです。
また3Dプリンターでなにか出力してみたいです。

エフェクター 3. 試作基板設計 製作編 手直し

f:id:CCWO:20171117113743j:plain
基板は最終的にこのようになりました。51pFは47pFの積層セラミックコンデンサを使いました。1uFはメタライズドポリエステルフィルムコンデンサーを最終的に使いました。次回があればもうすこしちゃんと選定したいと思います。
akizukidenshi.com
メタライズドポリエステルフィルムコンデンサー1μF100V[105]積層・無誘導
1uFのフィルムコンでいいのが見当たらなかった・・・。
akizukidenshi.com
絶縁型ラジアルリード型積層セラミックコンデンサー47pF50V±5%5mm (20個入)
47pFも同様にいいのか見当たらなかった・・・。積層セラコンで音がどうなるのかはよくわかりません。
組みあがった後に何か所がはんだ付けを忘れているところがみつかりましたが、特に苦労することなく見つけることができました。(トランジスタのコレクタに電源が入ってなかった・・・。)

ケース内部の配線
f:id:CCWO:20171117114216j:plain
ケース内部の配線(上面アップ)
f:id:CCWO:20171117114248j:plain
という感じでなかなか中は配線できつきつです。

エフェクター TS-9 3. 試作基板設計 組み込み編 手直し

f:id:CCWO:20171117111416j:plain
基板外も含めた回路ですが、少し修正しました。トランジスタ技術の記事を参考に書いたのですが、いろいろとおかしいところがありました・・・。
・3回路オルタネイトスイッチに接続されているINとOUTのジャックのホット端子をバイパスするようにつなぐ。
こうしないとエフェクトがOFFのときに音が出ない。
・ステレオジャックのOUT側のコールドがGNDに落ちてなかったので、SLLEVE端子を基板のGNDに接続。
こうしないとステレオジャックのHOT側が浮いてしまって音が出ない。(ちなみにOUT端子にフォンジャックを接続しないと電源が入らない仕組みになってます。)
・LEDの抵抗を基板に実装。
意外と中がきつきつだったのでLEDの抵抗は基板内に実装しました。

という感じで一度組んだのですが、音が出なくて困っていていろいろとみていたらあらが出てきました。動いてよかったです。

エフェクター TS-9 完成

ひとまずユニバーサル基板を用いてケースに組み込んで音出しまで確認できました。
とりあえず動いてよかったと・・・。
また詳しくはブログで更新したいと思います。
・3. 試作基板設計 組み込み編 手直し
・3. 試作基板設計 製作編 手直し
・9V電池 固定具 3Dプリンター
LTspice バッファー 解析
・音出し
くらいをとりあえず書けると思います。
f:id:CCWO:20171115072650j:plain
やっとVHTのアンプの出番が(笑) TONEの効きが少し微妙な気もしますが、またいつか発注用の基板に起こすときにでも手直ししたいです。