CCWO

挫けそうになるブログ

2017 振り返り

2017年を振り返ってみました。

2017年は多くのことに悩んでいたような気がします。

年始より就職をするか大学院に進むかに悩み
就職をすると決めた後はどのような企業に行きたいかと悩み
研究室の環境や立ち位置に悩み
色恋に悩み
友人関係に悩み
金銭に悩み
将来に悩み
自分の能力に悩み

と今年は比較的時間があり手持ち無沙汰な時間が多かった分いらぬことを考え多くのことに悩み苦悩していた印象が強いです。
悩みはすべて解決されているというわけではぜんぜんないのですが、来年はもう少し自分自身の優先度をあげて、なにか没頭できることを見つけ慎ましくてもかまわないので友人と笑いあったり、自分の好きななものをしっかりと楽しんでいきたいなと思っています。
今年はなぜか多くの人に頼っていただけたり、質問していただけたりといった機会が多く自分自身もそういったことに応えたい質なのでまったくそのときは苦ではないのですが、ここ数年は自分自身の時間というのを振り返るとすごく少なかったなという気がします。2018年はもっと多くの人の役にたってもいきたいですが、自分自身を大切にしていきたいと思います。来年は人生で初めて社会人になるということで、不安もいっぱいですが、希望をもって真摯な気持ちで臨んでいきたいと思います。そしてこの気持ちを忘れずにもう少しだけでもいいので要領よく生きていきたいと思います!

今悩んでいることは時間が解決してくれるかもわかりませんが、とにかく2017年という年の瀬ですしある程度はきっぱりと区別をもって来年2018年をなるべくよい気持ちで迎えたいという気持ちでいっぱいです。

Missing[弾いてみた]

ELLEGARDENのMissingを弾いてみました。
この曲は自分が高校生の時はじめてライブしたときに演奏した曲の一つで今でも大好き一曲です。この曲を弾いたり、聞いたりすると本当に元気がでます。今少し気分が落ち込んでいるので、いい機会だと思って弾いてみました。

では早速動画のほうを
youtube
www.youtube.com
niconico
www.nicovideo.jp

今回はうぶさんパートを一発撮りで全部取りました。(正確にはうぶさんはもっと難しいテンションコード弾いてたりするけどだいたいうぶさんパートを)動画も同時に撮ったので今回は完全一発撮りです。今の落ち込んだ気持ちを吹き飛ばす気持ちで弾きました!やっぱりうぶさんのVHTとMarshallの音はかっこいいな~。
この曲はもう何回弾いたかわからないですが、難しい曲です。またいつかチャレンジしたいです。

ブログと動画投稿についてですが、この動画が22本目みたいです。あと2本くらいなにかの動画を年内に上げたいですね。ブログの記事もこれで公開されている分で200記事目みたいです。(非公開が20くらいあるのですが、これは公開できない情報がいっぱいなやつと個人的に恥ずかしすぎてあげられなかったやつらです(笑))去年の夏から初めて以外と続いているな~という印象です。これからもぜひよろしくお願いいたします。

国際ロボット展 2017

遅ればせながら11月30日・12月1日・12月2日で国際ロボット展に行ってきました!
簡単に旅工程を
1日目:11月30日:夕方東京に到着→高校の友人と夕ご飯を食べてそのまま高校の友人宅に一泊
2日目:12月1日:朝から国際ロボット展→大学の先輩の家で一泊
3日目:12月2日:昼前後から国際ロボット展へ行き夕方に名古屋に帰宅
といった旅でした。泊めてくれた友人と先輩には感謝感謝です。

  • 一日目

夕方ごろに品川駅に到着その後新宿にて高校の友人とバルバッコアというスペイン風のバーベキュー料理屋さんで夕食を食べました。はじめていったお店ですが、とにかくおいしいお肉がたらふく食べることができるということで大満足でした。その後、神奈川の高校の友人宅に向かい一泊しました。

  • 二日目

ロボット展の開始時間に合わせて幕張メッセに向かいました。しかし、小田急・山の手・りんかい線がすべて遅延しており間に合うかなと不安でしたが、なんとか大丈夫でした。ロボット展は本当に多くの展示があり、身近なメーカーであったり、全然知らないメーカーであったりが産業界でどのように活躍しているかを知ることができました。多くの体験型のイベントもあり楽しかったです。個人的に一番楽しかったのは、川崎重工業の塗装ロボットの遠隔操作が楽しかったです。ここ最近世間ではIoTが騒がれており、ロボット展でもうまくクラウドとの連携を模索しているといった企業さんが多かった印象です。あとは、深層学習などをベースとしたAIを用いた作業効率化・無人化といったところが際立っていました。ロボット展は結局楽しくて終演近くまでおり、そのあと焼肉を食べに行き、大学の先輩宅に泊めていただきました。ごはんもごちそうしていただき、宿も用意していただき、先輩には感謝です。

  • 三日目

やや遅めに出発し、帰りのことを考えて東京駅で帰りの新幹線のチケットを購入し、ロッカーに荷物を置いていこうと思ったのですが、ロッカーが開いておらずしかもチケットも買い忘れてしまいました(笑)そのあと、大崎駅でなんとか荷物を預けることができ、ロボット展に向かいました。幕張メッセ付近のマックで昼食を食べ、午後はゆっくりと回りました。ただ、自分は疲労の限界が来てしまい、少しぐっだりとしながら回っておりました(笑)そして、ロボット展終了後すこし幕張メッセで休憩をし、新幹線にて名古屋に帰宅しました。

非常に充実した楽しい三日間でした。基本的には部活の同期の友人と二人でいたので二人旅行みたいな感じでした。2年後のロボット展にも行けそうであったら行ってみたいです。また、あとで写真等載せたいと思います。

Visual Studio Code (VSCode) 今の使い方

Visual Studio Code - Visual Studio

この4月ごろからVisual Studio Codeを使い始めて、自分の周りでもVSCodeが徐々に普及していっていて、なんだか少し嬉しい気持ちです。(自分が特に布教活動していたわけではないですが、使っているところをチラ見して導入を検討してくれたみたいです。)

今自分がVSCodeを使っている場面は
・C, C++, Pythonの実行環境 兼 ソースコードを見る
Verilog HDL, VHDLソースコードを見る
TeXの編集, プレビュー
・メモ帳(普通のエディターとして)
といった感じで完全に普段使いに定着しています。
C, C++の実行環境としてはwindows上で使う分には申し分ないほどですし、Pythonの実行環境としてはAnacondaがインストールしてあれば非常に簡単に環境を構築することができ非常に便利です。また現在MicrosoftVSCodePythonに対して多大なサポートを出しているのでこれからも期待することができます。(ただ、PythonはSpyderで開発して、VSCodeを使うときは動作がある程度把握できているプログラムがほとんどですね。SpyderでのPythonプログラムのデバッグは便利すぎてほかに移る選択肢が見当たりません(笑)なので、今は既知のプログラムの実行環境としてって感じですね。)

最後に自分のVSCodeの環境を

cloudSettings

{"lastUpload":"2017-12-19T12:08:21.766Z","extensionVersion":"v2.8.7"}

extensions.json

[
  {
    "metadata": {
      "id": "6e440e71-8ed9-4f25-bb78-4b13096b8a03",
      "publisherId": "formulahendry.auto-rename-tag",
      "publisherDisplayName": "formulahendry"
    },
    "name": "auto-rename-tag",
    "publisher": "formulahendry",
    "version": "0.0.15"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "f583eafd-aa0d-4ccb-8f44-d1e610389660",
      "publisherId": "CoenraadS.bracket-pair-colorizer",
      "publisherDisplayName": "CoenraadS"
    },
    "name": "bracket-pair-colorizer",
    "publisher": "CoenraadS",
    "version": "0.10.14"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "a6a0c5b2-d078-4bf5-a9ee-4e37054414b3",
      "publisherId": "formulahendry.code-runner",
      "publisherDisplayName": "formulahendry"
    },
    "name": "code-runner",
    "publisher": "formulahendry",
    "version": "0.8.5"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "e337c67b-55c2-4fef-8949-eb260e7fb7fd",
      "publisherId": "Shan.code-settings-sync",
      "publisherDisplayName": "Shan"
    },
    "name": "code-settings-sync",
    "publisher": "Shan",
    "version": "2.8.7"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "690b692e-e8a9-493f-b802-8089d50ac1b2",
      "publisherId": "ms-vscode.cpptools",
      "publisherDisplayName": "ms-vscode"
    },
    "name": "cpptools",
    "publisher": "ms-vscode",
    "version": "0.14.5"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "d0bfc4ab-1d3a-4487-8782-7cf6027b4fff",
      "publisherId": "ms-vscode.csharp",
      "publisherDisplayName": "ms-vscode"
    },
    "name": "csharp",
    "publisher": "ms-vscode",
    "version": "1.13.1"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "61d03280-3919-4dd1-bce1-178ca21fdeaf",
      "publisherId": "James-Yu.latex-workshop",
      "publisherDisplayName": "James-Yu"
    },
    "name": "latex-workshop",
    "publisher": "James-Yu",
    "version": "3.10.0"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "a41c1549-4053-44d4-bf30-60fc809b4a86",
      "publisherId": "christian-kohler.path-intellisense",
      "publisherDisplayName": "christian-kohler"
    },
    "name": "path-intellisense",
    "publisher": "christian-kohler",
    "version": "1.4.2"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "f1f59ae4-9318-4f3c-a9b5-81b2eaa5f8a5",
      "publisherId": "ms-python.python",
      "publisherDisplayName": "ms-python"
    },
    "name": "python",
    "publisher": "ms-python",
    "version": "0.9.0"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "ee7402cb-a292-4894-84b1-a024ca8d8bb5",
      "publisherId": "gizak.shortcuts",
      "publisherDisplayName": "gizak"
    },
    "name": "shortcuts",
    "publisher": "gizak",
    "version": "0.0.1"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "6ad45f5a-09ec-44e5-b363-867ddc1ec674",
      "publisherId": "shardulm94.trailing-spaces",
      "publisherDisplayName": "shardulm94"
    },
    "name": "trailing-spaces",
    "publisher": "shardulm94",
    "version": "0.2.11"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "feb7e3b5-7d35-4f95-a3d2-61eeaa12efa5",
      "publisherId": "mshr-h.VerilogHDL",
      "publisherDisplayName": "mshr-h"
    },
    "name": "VerilogHDL",
    "publisher": "mshr-h",
    "version": "0.0.13"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "256a14ed-dd90-4236-89a1-58ce8abf5ce9",
      "publisherId": "mshr-h.VHDL",
      "publisherDisplayName": "mshr-h"
    },
    "name": "VHDL",
    "publisher": "mshr-h",
    "version": "0.0.2"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "50810048-1465-4380-9716-6cd466f2ef8e",
      "publisherId": "Compulim.vscode-clock",
      "publisherDisplayName": "Compulim"
    },
    "name": "vscode-clock",
    "publisher": "Compulim",
    "version": "0.0.1"
  },
  {
    "metadata": {
      "id": "9ccc1dd7-7ec4-4a46-bd4f-7d7b8b9d322a",
      "publisherId": "robertohuertasm.vscode-icons",
      "publisherDisplayName": "robertohuertasm"
    },
    "name": "vscode-icons",
    "publisher": "robertohuertasm",
    "version": "7.19.0"
  }
]

keybindings.json

// Empty

settings.json

{
    "editor.cursorStyle": "line-thin",
    "editor.cursorBlinking": "phase",
    "editor.fontSize": 12,
    "editor.minimap.enabled": true,
    "editor.minimap.maxColumn": 100,
    "editor.mouseWheelZoom": true,
    "editor.renderIndentGuides": true,
    "editor.fontLigatures": true,
    "editor.renderWhitespace": "boundary",
    "editor.rulers": [
        80,
        100
    ],
    "editor.wordWrap": "on",
    "files.insertFinalNewline": true,
    "files.trimTrailingWhitespace": true,
    "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\Windows\\System32\\cmd.exe",
    "window.zoomLevel": 0,
    "window.title": "${dirty}${activeEditorMedium}${separator}${rootName}${separator}${appName}",
    "workbench.iconTheme": "vscode-icons",
    "workbench.startupEditor": "none",
    "workbench.colorTheme": "Solarized Dark",
    "vsicons.dontShowNewVersionMessage": true,
    "python.pythonPath": "C:\\Anaconda3\\python.exe",
    "latex-workshop.chktex.enabled": false,
    "latex-workshop.latex.toolchain": [
        {
            "command": "ptex2pdf",
            "args": [
                "-l",
                "-ot",
                "-kanji=utf8 -synctex=1",
                "%DOC%"
            ]
        }
    ],
    "sync.gist": "",
    "sync.lastUpload": "",
    "sync.autoDownload": false,
    "sync.autoUpload": false,
    "sync.lastDownload": "",
    "sync.forceDownload": false,
    "sync.anonymousGist": false,
    "sync.host": "",
    "sync.pathPrefix": "",
    "sync.quietSync": false,
    "sync.askGistName": false
}

vsicons.settings.json

{"version":"7.19.0","status":0,"welcomeShown":true}

なんだかsettings code syncの内容をぺたぺた貼ったら意外と量がありました。今はこんな感じです。だいぶ今はこれでこなれてきた感じです。vimバインドは今修行中です(´・_・`)

就活サポート

自分は今B4なのですが、学内のB3向けにB4内定者が就職活動の経験を共有してサポートするというイベントがありました。
はじめにお誘いを頂いたときは、面倒だし自分以外の誰かが行ってくれるからいいかな~って思っていたのですが、自分が所属する電気電子工学科のB4内定者がいないとお聞きし、加えて自分もメンタル的にまいっていたので人と話すことで何か突破口が見つかるかなと思い、参加することを決めました。

結論から言いますと、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
自分自身の就活を改めてどうであったかを振り返ることができましたし、そのときに自分が考えていたこと・思っていたこと・心掛けていたことを整理する機会にもなりました。
また、B3の就活している後輩たちの未来に向かって努力している姿は非常に励ましにもなりました。自分は3月ごろに就活を初めておおよそ3ヵ月ほどで就活を終えたのですが、B3の就職希望の方たちはしっかりとこの時期から自分の将来を見据えて就職活動を始めており感心してしまいました。みなさんには自分の納得のいく就職活動をして欲しいですね。起業っていったところもありだと思います(笑)ただネガティブな活動はやめたほうがいいと思いました。現状がいやだからとか、ただ周りの環境を一新したいだとかそういった後ろ向きな就職活動はなかなかいい結果を出さないのではないかなと思います。より自分の納得する形になるように就職活動ができればいいと思います。

また、こういったイベントでお手伝いできる機会があればぜひ参加したいです。微力でも力になれることがあったらどんなジャンルでも力になりたいですし、人の役に立っていきたいなと思います。