CCWO

挫けそうになるブログ

Suhr riot mod ほぼ完成編

残りの部品が届いたので、実装して、ケースに組み込みました。ただし、Suhr riotの特徴である3パターンのクリップダイオードを選ぶVoiceスイッチ用のON-ON-ONのトグルスイッチがまだ入手できていないので、現状では1N60を通るパターンで固定してあります。
www.monotaro.com
ON-ON-ONのトグルスイッチこれなんですが、けっこう高いですね・・・。なかなか、見ないタイプの回路のスイッチなので高いのですかね。

というわけで、Voiceスイッチは未実装ですがとりあえず完成させました。

外観 スイッチOFF
f:id:CCWO:20180209020251j:plain
外観 スイッチON
f:id:CCWO:20180209020312j:plain
9V電池ホルダー 積層方向を間違えてバリが残ってしまいました。
f:id:CCWO:20180209020336j:plain
完成基板 配線後 クリップのダイオードにLEDを使うのが少し新鮮。
f:id:CCWO:20180209020408j:plain
ケース内観 今回は配線の色分けをしてみたので結構見やすい。
f:id:CCWO:20180209020432j:plain

こんな感じになりました。基板から配線を出すときって配線を一辺に集めるのが主流なんですね・・・。知らなかった次回出来そうだったらやってみます。
今回ノイズがかなり気になったので、基板のベタグランドからVOLUMEポッドをつなげることでケースと接地をさせています。これでノイズが少しは軽減するといいです。

音の感想はこんな感じになりました。

・ひずみ具合はいい感じ。
・エフェクトONとOFFの音量差が少しある。ON時がやや低い。
・TONEがほぼ効かない。ものすごいマイルドに効いているような気がする。
・ノイズが多い。特にゲインノブに反応する。(当たり前

ひずみ具合はいい感じだったので、もう少し改善すればかなり自分好みの音になりそうな気がします。純正のriotに比べて少し粒が細かいような印象になりました。

Voiceスイッチの実装が楽しみです。

9V パワーサプライ 完成

部品が足りなかった簡易版9Vのパワーサプライですが、部品が届いたので完成させました。

ccwo.hatenablog.jp

外観はこんな風になりました。
f:id:CCWO:20180209014157j:plain
電源ON!
f:id:CCWO:20180209014313j:plain
中身はこんな感じ!
f:id:CCWO:20180209014338j:plain
使ってみるとこんな感じ!
f:id:CCWO:20180209014422j:plain

とうとつに欲しくなった9Vのパワーサプライですが、作ってみたら意外といい感じになりました。
そして案外テスト電源としての使い勝手がよくて重宝しています。現状では可変抵抗で+-2Vくらいは調整できます。
次回パワーサプライを作るときときはACDC方式にして、ディジタルとアナログエフェクターで供給を分離するのと、電源を複数用意できる方式にしたいと思います。

アメーバ経営

京セラの名誉会長である稲盛和夫氏が自社の発展のために見出した経営手法について書かれた「アメーバ経営」を読みました。

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

この本を知ったきっかけは、正月におじに会った際に今年就活するお前はとりあえず読みなさいと渡されたのがきっかけでした。正月に渡されてから少し時間は経ってしまいましたがさきほど読み終わりました。自分も4月からメーカーで働く新社会人として経営について知るいい機会だなと思い読んでみましたが非常に面白い内容でした。
自分が読んでいて特に印象的だったのは、会社で働くにあたって大切なことの一つとして人として正しくあるべきだというところでした。正しくあり、努力し、果敢に挑戦し、情熱をもってこれを継続することによってよい方向にものごとを進めていけるのだということを感じました。会社は利益を追求する組織という一面もありますが、こういった人としてのやりがいや幸福を追求していけるような会社経営は素晴らしいと思います。そして、このような人としての在り方を模索しつつ、人を正しい方向に導きながらも競争力を生み出していけるようなシステムを作り上げていった結果がアメーバ経営なのではないかなと思いました。
自分は4月から馴染みのない土地で新社会人になる不安やこれからの将来の不安も少なからずあるのですが、人として正しくあり続けたいですし、自分にない部分に果敢に挑戦し、努力をしていきたいと思っています。そして、いつか自分にしかないらしさや一味違うところを見出していけたらなと思えるような一冊でした。ただ、それはすごく難しいことでもありますし、現状の自分でもこれらができているかはわかりません。しかし、自分は自分自身が正しいと思ったことに対してそこに自信と誇りをもって周りを明るくできるような人間になりたいと思っています。そのために、これからもがんばっていきたいです。いつか、この本を紹介してくれたおじのようなストイックなエンジニアになりたいです!

9V パワーサプライ 製作

エフェクターには9V電池を使って電源供給をしていますが、9V電池を毎回買っていてはお財布に悪いので今回9Vパワーサプライを家にあるパーツを使って作ってみました。

だいぶ昔に買った秋月の安定化電源キットがあったのでこれをもとに作ってみたいと思います。
akizukidenshi.com
ケースにはriotやTS-9に使用しているものにくらべて少し小さいものを使用しました。一般的なエフェクターのサイズですね。
www.monotaro.com

これらの部品をもとにまずこのような感じで構想を練りました。
構想図
f:id:CCWO:20180204030845j:plain

構想図をもとにケース加工のシミュレーションをしました。
まず秋月の安定化電源キットのコンデンサがどう考えてもケースを突き抜けそうだったので、簡単ですが加工をシミュレーションしやすいように安定化電源キットをモデリングしました。加えて安定化電源キットはACDC部分とDCDC部分があるのですがACDC部分が邪魔だったので切り落として、新しく固定用の穴をあけました。これらを踏まえて追加工後の安定化電源キットをイメージしてモデリングをしました。
安定化電源キットモデリング
f:id:CCWO:20180204031808p:plain

これを組み込めるようにケースの加工をシミュレーションしました。
ケースモデリング
f:id:CCWO:20180204031840p:plain
図面1
f:id:CCWO:20180204032130p:plain
図面2
f:id:CCWO:20180204032141p:plain
かなり穴が多いです・・・。図面2の穴寸法が本当は3.2mmなのですが、どうしてもこの寸法になってしまって直し方がよくわからなかったです。

加工シミュレーションをもとに加工をしました。
加工前
f:id:CCWO:20180204032443j:plain
加工図貼り付け後
f:id:CCWO:20180204032257j:plain
仮組
f:id:CCWO:20180204032813j:plain
実装後(DCジャックの在庫がなかったので3つ未実装)
f:id:CCWO:20180204033023j:plain
実装後 電源ON!
f:id:CCWO:20180204033044j:plain
中身
f:id:CCWO:20180204033453j:plain
中身ズーム
f:id:CCWO:20180204033513j:plain
加工前後
f:id:CCWO:20180204033912j:plain

実は前作ったTS-9の録音をするためにスタジオにいったのですが、9V電池が電池切れになっていてこりゃ作るっきゃないと思ったのがパワーサプライを作ることのきっかけでした。そのときにいくつか選択肢が思いつきました。
1. DCDCの回路を作ってケースに組み込む
2. ACDCの回路を作ってケースに組み込む
3. なんか家にあったキットを使う
ここでパワーサプライに求められる性能は
・大電流容量
・安定度
・低ノイズ
ですよね。そのため、DCDCだったりACDCを作って実装すると上記3つを同時に満たすような設計をするのはなかなか骨が折れると思います。そのため時間的なコストパフォーマンスも含めて選択肢3を選びました。
安定化電源キットAE-350の特徴は以下のような感じです。
・保護回路内蔵
・出力電圧範囲:DC1.2V~最大DC20V
(入力電源は出力したい最高電圧よりも3V以上高いものが必要)
・出力電流:最大3A
(入力電源の最大電流や放熱の制約で変わります、放熱器は別売です)
・高リップル除去率:86dB(317は80dB)
電流容量3Aなので十分で、高リップル除去率86dBでこの値段ならとりあえずのパワーサプライを作るのにはもってこいだなと思いました。今回は9Vで使うので3A流れると最大27WのACDCアダプターが必要です。放熱が十分にできないと考えてもう少し少な目にみつもって24Wあればいいと思うのでACDCアダプターは12V2Aくらいを用意すればたいてい困らなさそうですね。

といった感じで、うおぉ!と思いたってここまでいっぺんに作ってみました。穴の数がたくさんあって加工が楽しかったです。

Suhr riot mod ケース加工編

ccwo.hatenablog.jp
ケース加工のシミュレーションから実際に加工をしました。

加工前
f:id:CCWO:20180204030030j:plain
加工図貼り付け後 正面
f:id:CCWO:20180204030114j:plain
加工図貼り付け後 背面
f:id:CCWO:20180204030153j:plain
加工後 正面
f:id:CCWO:20180204030214j:plain
加工後 背面
f:id:CCWO:20180204030244j:plain

ケース加工はなかなか大変です。今回は難アルマイト材であるアルミダイキャストにアルマイト処理をせずにそのまま加工しました。

基板を作ったりプログラムを書いたりとは全く違う世界なので意外と楽しいですけどね。ただ加工精度がいまいち向上しないな~もう少し研究していきたいです!