CCWO

挫けそうになるブログ #音楽 ##ライブ ##弾いてみた #programming ##Python ##C ##C++ ##VSCode ##Markdown ##TeX ##Git #電子工作 ##エフェクター ##PIC ##RX,RZ ##STM32 ##FPGA ##Raspberry Pi ##Ubuntu ##Fusion 360 #スポーツ ##筋トレ

About CCWO

自己紹介

大学 : 電気電子工学科
会社 : 電気系エンジニア
経歴 : ヘルスケア系ベンチャー企業
経歴 : 高周波回路専門の設計会社

趣味

  • ギター

弾いてみた動画をコツコツと上げています。
ギター カテゴリーの記事一覧 - CCWO

  • パソコン

自作パソコンをコツコツと改造しています。
パソコン カテゴリーの記事一覧 - CCWO

  • ライブ

好きなアーティストのソロライブメインでコツコツと参戦しています。よく行くアーティストは凛として時雨・TK from 凛として時雨・Nothing's Carved In Stone・ORESAMAです。
ライブ カテゴリーの記事一覧 - CCWO

  • 電子工作

作りたくなっときにコツコツと作っています。
マイコン・FPGAを始めとするディジタル回路、モーターなどのアクチュエータ回路の経験があります。現在はエフェクターや音響といった方面のアナログ回路に興味があります。
電子工作 カテゴリーの記事一覧 - CCWO

  • プログラミング

主には組み込みを当ブログには組み込み関連で訪れてくださる方が多いようです。
C・C++・Verilog HDL・Pythonの経験があります。今はネットワーク・サーバー・クラウドといった方面に興味があります。

  • 筋トレ

日々コツコツとやっております。2年間で体重10kg、BIG3 150kgほど成長しました。
筋トレ カテゴリーの記事一覧 - CCWO

  • アニメ・声優・本

好きなアニメはLAST EXILE・SHIROBAKO・Cです。
好きな声優さんは上坂すみれさん・種田梨沙さん・上田麗奈さん・赤﨑千夏さんです。
本は今自分に必要だと感じた本をコツコツと読んでいます。

こんなとっちらかって広く浅い人間ですが、コツコツと楽しいことを追求して人生を進んでいきたいなと思っています。
よろしくおねがいします。

Maker Faire Kyoto 2019 出展レポート

Maker Faire Kyoto 2019

makezine.jp
2019/05/4.5の2日間で開催されたMaker Faire Kyoto 2019に行ってきました。

今回は大学のサークルの後輩である「電子ライダーさん」の「4bit 自作CPU TTM4」の展示のお手伝いで参加しました。この記事ではMaker Faire Kyoto 2019の出展についてレポートをまとめたいと思います。

1日目

1日目は一般参加が12:00~18:00となっており、出展者側は9:00から準備を開始することができます。朝、会場に到着しましたら会場裏手の搬入口から荷物を搬入することができます。このとき、出展者は事前にいただいた駐車用の申請用紙を見せることで会場の駐車場に入ることができます。しかし、搬入口付近の駐車場にはスポンサーしか駐車することができず基本的には荷物をおろし搬入が完了したら、指定された駐車場に車を停めに行く必要があります。今回この駐車場の位置が非常に遠く徒歩で20分ほどかかるのでなかなか大変でした。搬入が終わりブースの準備が終わってから会場までの間に少し時間があります。その間は周りの出展者の方々とみなさん交流されていました。出展者は最大1展示につき4人まで参加することができますが、1人や2人で参加されている方はなかなかブースから離れることができないのでこの時間が数少ない交流の時間になっていました。(もちろん、おでかけ中などの札を立てて外出されているブースもありましたね。)
会場後すぐはちょろちょろとしか人はいませんでしたが、1時間ほどしたら出展者のブースは参加者で溢れかえっていました。われわれのブースにも平均すると1時間に10,20人くらいの方が訪れていただけました。自作CPUを説明するというのはかなり骨が折れましたが、興味を持っていただけ方はこちらの話を真剣に聞いてくださったのでなんとか理解?していただけのではないかと思っています。
1日目は軽く片付けて、そのまま撤収をしました。この日は近くのビジネスホテルに泊まりました。

2日目

2日目は一般参加がやや早く10:00〜17:00となっています。早く始まって早く終わるという感じですね。この日は私が朝少し寝坊してしまい出展の準備がギリギリになってしましたが、10:10ごろにブースの準備が完了しました。
10時に開場し1日目と同様に徐々に人が増え始め、昼前後はかなりの賑わいとなっていました。しかし、2日目は1日目に比べるとやや参加者が少なかったかなという印象です。
この日もブースにいる間はCPUについて解説したり、なぜこれを作ったかなどについて説明したりしていました。
17:00に閉会しお客さんがいなくなると早々と撤収し帰路につきました。

来場者層

われわれのブースに来ていただけた方を簡単に分類すると以下のような感じだっと思います。

  • 若いMakerの方
  • 電子工作ベテランおじさん
  • 高専生・大学生
  • 電気系の教育関係者
  • スポンサー企業の方

特に電子工作ベテランおじさんたちが非常に多かったです。汎用ロジックICの74シリーズで自作CPUというのをかなり懐かしんでくれていた模様です。また、開発者も参考にしていた「CPUの創りかた」という本をご存知の方も非常に多かったですね。

CPUの創りかた

CPUの創りかた

まとめ

必要なもの
  • 人手:一人はかなり厳しい
  • 名刺
  • チラシ
  • 紹介ムービー
  • 展示品を簡単に説明するトーク力:割り箸の方はとても素晴らしい解説を用意していらっしゃり感動しました。
  • 解説資料:Maker Faireということもありかなり詳しい設計について突っ込んでくださる方もおりました。その時に対応できるような資料もあるとなお良いと思います。
  • デモ:動くものを複数と手にとって見てもらうものを用意できるといいと思います。
感想

2日間通して非常に楽しかったです。展示をするというなかなかできない体験ができたのもよかったです。初めてあった方に展示物をわかりやすく伝えるというのは難しいものだと改めて感じました。特に高校生からベテランの電気系の方、そして全く電気・情報系ではない方と幅広い方に適切な情報レベルで適切な情報量で解説するのが大変でした。自分自身も展示をたくさん見ることができ、多くの人と交流ができ非常に楽しい2日間でした。今度は自分自身のプロダクトを展示できるように頑張っていきたいと思いました。

写真

Maker向けのストラップ
f:id:CCWO:20190506212046j:plain

けいはんなイノベーションセンター
f:id:CCWO:20190506212135j:plain

展示スペース
f:id:CCWO:20190506212225j:plain

Maker Faire Kyoto 2019仕様のムービングラボ
f:id:CCWO:20190506212253j:plain

展示用に今回作成したキー入力基板(今回これを自分が担当しました。)
f:id:CCWO:20190506212343j:plain

各種リンク

「電子ライダーさん」のはてなブログ
hamakita.hatenablog.com

「4bit 自作CPU TTM4」の展示情報
makezine.jp

「4bit 自作CPU TTM4」の商品ページ(商品ページに詳細情報へのリンクがあります。)
www.switch-science.com

Maker Faire Kyoto 2019

お久しぶりです。

2019/5/4.5と行われるMaker Faire Kyotoに参加してまいります!

makezine.jp

今回は電子ライダーさんのお手伝いとして出展側で参加させていただきます。出展するのは電子ライダーさんが開発された4bitCPUのTTM4です。TTM4は汎用ロジックICを使った4bitのCPUで組み立てキットです。現在スイッチサイエンスにて販売されています。Maker Faire Kyoto 2019では、TTM4とTTM4 ver.2を展示します。
私は微力ながらTTM4の拡張基板を作成して展示のお手伝いをさせていただきます。拡張基板もほとんど電子ライダーさんと一緒に作りましたけどね笑
それでは、もしMaker Faire Kyoto 2019に行かれる方がいらっしゃいましたら、当日よろしくお願いいたしする。

電子ライダーさん
hamakita.hatenablog.com]

Maker Faire Kyoto 2019 電子ライダーさん出展者情報
makezine.jp

TTM4とは
hamakita.hatenablog.com

スイッチサイエンス販売ページ
www.switch-science.com

2019年あけましておめでとうございます

前回のブログから丸2ヶ月たっていました...(反省
その間に年が変わったり、いろんなことがあったので徐々に記事にしていきたいと思います。
なかなか自分の時間が作るのが難しい近頃ですけど、そんなこと言ってられないですね。
このブログももっともっと楽しいものしていけたらなと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。