CCWO

挫けそうになるブログ

RS Component Search

最近、回路図を制作する際にこちらのサイトがとてもとてもとても役に立っております。
もうこれなしでは回路図を作れない身体になりそうです笑

RS Component Search
f:id:CCWO:20170808012011p:plain

どんなサイトかというと、回路図に組み込みたいパーツを検索して、そのCADデータを提供してくれるサービスです。(会員登録は必要です。無料。)
今まで、ちまちまCADデータを作っていたのがまるで嘘みたいです。初期のライブラリにないようなCADデータがたくさんあるような回路は作るのも億劫になりますからね・・・笑
使い方は至極簡単です。
1. 欲しいパーツを検索する。
試しにFT231XS
f:id:CCWO:20170808012221p:plain
一覧が表示されるので、
f:id:CCWO:20170808012317p:plain
このマークをクリックします。
f:id:CCWO:20170808012343p:plain
こっちのマークはCADデータがありません。

2. CADデータをダウンロードする。
f:id:CCWO:20170808012445p:plain
このマークを押してダウンロードする。
f:id:CCWO:20170808012517p:plain
一緒にRSでのPRICE・STOCKやデータシートが見れるのは神ですね。

3. CADデータを使う!
f:id:CCWO:20170808012715p:plain
中身がこんな感じのzipファイルをダウンロードできるので、EAGLEフォルダのFT231XS-R.lbrをEAGLEのlbrに追加すればあら簡単にCADデータを入手できます。
f:id:CCWO:20170808013044p:plain
f:id:CCWO:20170808013049p:plain
とても素晴らしいサービスです。これからも重宝しそうです。

ただ、無料のサービスなのでCADデータを信じるかどうかはまた別のお話ですね。
ちなみにCADデータがない部品も
f:id:CCWO:20170808013307p:plain
package categoryを選んで、LAUNCH WIZARDでCADデータを設計することができます。ただこれはある程度知識がある人がやったほうがいいとは思います。REQUESTを出すこともできます。