CCWO

挫けそうになるブログ #音楽 ##ライブ ##弾いてみた #programming ##Python ##C ##C++ ##VSCode ##Markdown ##TeX ##Git #電子工作 ##エフェクター ##PIC ##RX,RZ ##STM32 ##FPGA ##Raspberry Pi ##Ubuntu ##Fusion 360 #スポーツ ##筋トレ

TerraMaster F4-220 ポート開放

NASなので出先からファイルにアクセスできると便利です。
F4-220の手順としては
1. TNAS.onlineユーザーを作成する。
デスクトップアプリ→コントロールパネル→権限→ユーザー
f:id:CCWO:20170910170943p:plain
TNAS.onlineのリモートログイン権限を有効にします。
にチェックを入れてユーザーを作成。フォルダの権限とかadminの権限とかは適当で。
デスクトップアプリ→リモートログインからも作成できますが、上記のやり方のほうが早い。


2. NASのIPを固定する。
デスクトップアプリ→コントロールパネル→ネットワーク設定→ネットワークインターフェース→LAN1(接続されている有線LAN)を選択→編集
f:id:CCWO:20170910171616p:plain
IP等は各自設定します。ホームユースならルーターの設定を見るか同じネットワーク上のwinパソコンならコマンドプロンプトからipconfig -allでゲートウェイ等は確認できます。


3. 外部からの接続用にポートを開放する
ルーター等の設定から上記で設定したIPの8181番を開放すれば外部からアクセスできます。
f:id:CCWO:20170910171912p:plain
デフォだとこの設定になっていて、8080番ではないです、8181番です。(一応変更したほうがいいとは思います。)


4. TNAS Remote Loginにアクセス
TNAS Remote Login
ここで、1で作成したユーザー名とパスワードを入力すればアクセスできます。
これ、セキュリティ的にいいのかな???DDNSをこのサイトが代わりにやってくれると思うんですが、ユーザー名とパスだけでやるとか怖いぃ。
(もう一つDDNSを設定する方法もありますが、そちらは外部のDDNSサービスのサイトに登録してやるという方法です。一応TerraMasterでは上記の方法が推奨されているみたい。)

という感じで外部からF4-220にアクセスできるようになります。ルーターの設定はそれぞれで異なると思うので、やってみてという感じですね。
ポートを開放する方法 - アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー
Buffaloなら、こちらを参考にすればできると思います。