CCWO

挫けそうになるブログ #音楽 ##ライブ ##弾いてみた #programming ##Python ##C ##C++ ##VSCode ##Markdown ##TeX ##Git #電子工作 ##エフェクター ##PIC ##RX,RZ ##STM32 ##FPGA ##Raspberry Pi ##Ubuntu ##Fusion 360 #スポーツ ##筋トレ

Suhr riot mod シミュレーション編

シミュレーションは
1.入力バッファー+ゲイン
2.ボリューム
の二つについて行いました。トーン回路はただの可変抵抗使ったローパスだし・・・クリップ回路はダイオードモデルが複雑なので、また今度にしておきます(笑)

1.入力バッファー+ゲイン
f:id:CCWO:20180126195048j:plain
可変抵抗の抵抗値を0~100kを20k刻みでシミュレーションしました。その結果、可聴域である22kHzにてゲインが最大の40dBほどになるような設定になっています。また、抵抗0Ωでは最大24dBという結果になりました。なので一段目の増幅率はむちゃくちゃ高いとは言えないほどですね。これは出力クリップ方式のためでしょうか。

2.ボリューム
f:id:CCWO:20180127121218j:plain
ボルテージフォロワと分圧回路のシリーズ接続なのでゲインは全周波数帯で分圧比を変えた分だけでゲインが変わるという結果になりました。実際にはもうすこしローパスな特性になるのではと想像できますが。

シミュレーションは今回のこの二つにしておきます。またダイオードのシミュレーションについては別途行いたいと思います。