CCWO

挫けそうになるブログ

Suhr riot mod ケースモデリング編

今回もFusio 360を使ってケースの加工をシミュレーションしました。

だんだんとFusion 360の使い方にも慣れてきました。
前回のTS-9のときと同様のケースを使用しました。
ccwo.hatenablog.jp
ケースはこれです。
www.monotaro.com

TS-9のときにもケース加工のシミュレーションのためにモデリングをしましたが、結局穴の位置を修正した箇所があったのでこれを反映して再度モデリングしました。

モデリングの結果こうなりました。今回は外周の2度の傾斜はなくしました。
正面
f:id:CCWO:20180204024853p:plain
背面
f:id:CCWO:20180204024934p:plain
図面1
f:id:CCWO:20180204025047p:plain
図面2
f:id:CCWO:20180204025057p:plain

側面の穴はフォンジャック用のコネクタなのですがこれがなかなか曲者で12mmの穴と3mmの穴がくっついています。この形状のためか図面にセンター出しはできるのですが、穴半径寸法が出せなかったです。
時間としては2時間もかからずできたと思います。現状では組み込む部品を想定して穴あけをおこなっているのですが、今後はケースのモデリングをより詳細にし、なおかつ内部に組み込むパーツもモデリングしてより正確にケース加工のシミュレーションをしていきたいです。3Dモデリングしている間って本当に時間を忘れるくらい楽しいので結構好きです。