CCWO

挫けそうになるブログ #音楽 ##ライブ ##弾いてみた #programming ##Python ##C ##C++ ##VSCode ##Markdown ##TeX ##Git #電子工作 ##エフェクター ##PIC ##RX,RZ ##STM32 ##FPGA ##Raspberry Pi ##Ubuntu ##Fusion 360 #スポーツ ##筋トレ

筋トレって難しい

ここ1,2ヶ月ほど筋トレの成長を感じられずにいます。
取り扱える最大重量がさほど変わらず、日々のメニューもあまり変わらなく現状維持を貫いている気がします。
その理由として以下のものが考えられると感じました。

問題点

1. 食事量の低下

7月:6月のMAX計測前に比べると食事量が落ちました。また飲み会等が多く食事を管理することができなかったこともあげられます。
8月:配属され朝の時間が早くなり朝食を抜いてしまうなどして食事量がさらに低下してしまいました。

2. 回数の低下

本格的に配属され帰宅時間がまばらになりました。そのため、筋トレの時間を決められた時間に取ることができず週の筋トレ日数が低下してしまいました。

3. 限界挑戦

普段筋トレをする前にメニューを頭の中で考えますが、同一部位の前回のセット内容を正確に把握することができていません。そのため、筋トレの限界への挑戦が甘くなっていると感じています。

そこで以下の対策を考えました。

対策

1に関して

食事量をコントロールするのは非常に難しいです。
基本的にはまず生活リズムを一定することで食事のタイミングと量を統一することで日々の食事量を管理できます。
そのため、盆明けからは

  • 生活のリズムを整えること
  • 朝食を必ずとること
  • 夕食の糖質を増やすこと
  • プロテインの摂取をルーティン化すること(理想的には朝・晩)
2に関して

これは帰宅時間等で限界はありますが、なるべくやらない日を作らないようには心掛ることで解決することができるかと思います。

3に関して

これは少し前から薄々と感じていたことです。私自身一時期は記憶をとることをしていたのですが、どうしても続けることが出来ませんでした。

  • 手書きメモ帳にとる:汗っかきの私ではメモ帳がふやふやに・・・
  • スマホメモ帳にとる:手軽なのですが整理方法を工夫できず管理できない・・・

というような現状があります。

そこで今回3に関して、筋トレ用の簡易的なサーバーを作ることでトレーニング内容を管理できないかと感じました。しかし、これは手書き・スマホメモ帳に勝るメリットがみつかりそうなレベルになったら導入していこうかなと考えています。そのため以下のようなシステムを考えました。
f:id:CCWO:20180817043850j:plain
現状ではpythonを用いて簡易的なサーバーを立ち上げてクラスとして実装するところまでを行いました。これに関してもこつこつとPython・サーバーの勉強と思いつつ暇な時や空いたときにやっていきたいと思います。