読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CCWO

挫けそうになるブログ

冬インターン

日常

冬のインターンに応募しました。
今回も2週間の技術系インターンにしました。ただし、今回はグループワークではなく、1テーマ1人のタイプに応募しました。
昨年末にエントリーシートのほうが通り、一昨日に面接の方に行ってきました。
服装が自由で、リクルートスーツである必要はないとのことだったのですが、服装には少し悩みました。襟付きのちょっとファーマルな服装で行ってきました。
少し地方の企業だったため、面接には現地に足を運びました。(交通費のほう支給されましたのでよかったです。)
全国から参加しにきているかたがいるみたいで、テーマごとに遠い人からとのことで、自分はそんなに遠くはないと思っていたのですが、全員の中で一番最初に呼ばれてとても緊張しました。
2週間のインターンだったのですが、全日参加が条件で、面接の数日前までは問題はなかったのですが、休講やらなんやらで期末試験が期間中に伸びてしまって、全日参加は厳しくなってしまいました。
面接の1日前に連絡するのも少しだめかなと思ったので、現地にいって面接の際にその旨を説明しました。なんとか理解できてもらえてよかったです。ただし、やっぱり-要素にはなったとは思います。
面接官の方は2名いらしたのですが、一人の方は人事の方で、もうひとりの方はテーマの担当の現場の方で作業着でいらしていました。
面接では、はじめに自己紹介と今回テーマに応募した動機を聞かれました。概ねエントリーシートに書いた通りのことを話しました。
その後は、担当の方から技術的なことをおもに質問を受けました。FPGAやAD変換等をいままでどのように使ってきたかやどんなところを工夫してきたかや大学ではどんな勉強をしているかやどんなところで課外活動(バイトとか研究室)をしているかなどでした。企業に入ったらどんなものを作りたいかはちょっとむずかしい質問でした。あまり考えていなかったので。
そして、後半は人事の方が少し困った質問を何個か・・・。
いま就職してやっていけるかや院進するか就職するかどっちがいいかとかちょっとむずかしい質問でした。
自分なりにその場で考えて答えたつもりです。
面接の時間は20分ほどでけっこう短く感じました。
その後は、お土産買ってさくっと地元に戻りました。
受かっているといいですが、やはり規約のこともあるので今回は難しいかもわからないです。
一社だけしか受けていないので、落ちたらおとなしく勉強する予定です。