CCWO

挫けそうになるブログ #音楽 ##ライブ ##弾いてみた #programming ##Python ##C ##C++ ##VSCode ##Markdown ##TeX ##Git #電子工作 ##エフェクター ##PIC ##RX,RZ ##STM32 ##FPGA ##Raspberry Pi ##Ubuntu ##Fusion 360 #スポーツ ##筋トレ

TerraMaster D5-300C レビュー6 HDD選び

TerraMaster D5-300C レビュー 5ベイ搭載 RAID0・1対応 多機能外付けHDDケース

ccwo.hatenablog.jp

レビュー第六弾 HDD選び

レビューの最後は少し雑談的・余談的な意味も込めて今回悩んだHDD選びについて少しだけ触れていきたいと思います。

まず今回悩んだHDDを一覧にします。容量はTBを基準にし選びました。(今回のデータはほとんど2018/9月中旬ごろのデータです。)

kakaku.com

  • メーカ:WESTERN DIGITAL BLUE 一般PC向けのHDD
  • 通信規格:Serial ATA600
  • キャッシュ:64MB
  • 回転速度:5400rpm
  • 6439円

kakaku.com

  • メーカ:WESTERN DIGITAL BLACK NAS・サーバ向けのHDD
  • 通信規格:Serial ATA600
  • キャッシュ:64MB
  • 回転速度:5400rpm
  • 9501円

kakaku.com

  • メーカ:TOSHIBA
  • 通信規格:Serial ATA600
  • キャッシュ:64MB
  • 回転速度:5400rpm
  • 5754円

kakaku.com

  • メーカ:Seagate
  • 通信規格:Serial ATA600
  • キャッシュ:256MB
  • 回転速度:5400rpm
  • 5701円

kakaku.com

  • メーカ:Seagate
  • 通信規格:Serial ATA600
  • キャッシュ:64MB
  • 回転速度:7200rpm
  • 6462円

まず端的にいうと外付けHDDにして使うなら、ぶっちゃけどれも同じだと思います。なので一番の決定要素は値段になります。キャッシュがとか、回転速度がとか、故障率がとかありますけど、結局は微々たる差です。壊れるやつを引いたときはなんだろうと壊れます。つまり高いものを買えば精神的に安心できる可能性が高いというだけかなと思います。

というわけで、お値段が安いSeagateで買うことをとりあえず決めました。(本当はWD Blue買おうとしてたんだけどね・・・。なぜか買おうと思った時期にすごい値上げしていて、諦めました。)
次にどうしようかなと悩んだのが容量です。そこで容量単価をまず調べてみました。すると同じSeagateの同一のシリーズ(DM07)だと次のような結果になりました。

容量(TB) 値段 単価/TB
8 17784 2223
6 12684 2114
4 8569 2142.25
3 6782 2260
2 5400 2700

2TBは容量単価が一番高い!
一番容量単価がやすいのは現在4TBということですね。なので、今回払えるお金と容量単価とほしい容量のバランスをとった結果3TBを2枚買うことにしました。2枚必要だったのはRAIDを組むためですね。本当は5枚買ってレビューしたかったんですけどね笑

結果としてソフマップでSeagate BarraCuda ST3000DM07 (3.5インチ/3TB/SATA) 2枚を13564円でレビュー用に買いました。D5-300Cが25000円なので安いものです。